地域活動

薬剤師やすだゆか

安田ひろふみ処方箋漢方薬局(にこにこ薬局)は、同グループの表町薬局と共に、健康づくりの応援として、地域の行事に参加させていただいています。
また学校薬剤師として担当しています。
根郷小学校では『根郷小学校の学童を低体温から守る会』を発足して、最近の子供たちの体温が急速に下がっていることを警告し、その予防である『生活習慣』『食事』『運動』のご提案を、楽しく解りやすく保護者の方々と先生方にお伝えして、元気な体作りを応援しています。

以下は表町薬局で行った活動の一部です。

平成22年4月18日、角栄団地内のすみれ会の皆さんを対象に「ふれあい会館」で「認知症の予防」についてお話しさせていただきました。ご参加者は74名様でした。障害を持ちながらレーサーとして第一線で活躍される勅使河原隆弘氏にも
今の食事で欠けているもの ― 体は食べたもので作られる酒々井町のお母様方の集まり「コアラクラブ」様からのご要望により、平成23年10月19日に酒々井町「ふじき野会館」にお招きいただき、30代主婦の方々31名様を対象にお話
血流測定会平成24年8月25日、会場:表町町田児童公園にて行われました夏祭りにて、血流測定会を実施し、ご来場400名様のうち35名の方が測定にいらっしゃいました。お祭りの時の測定は皆さん高血圧気味でした。
元気になる食べ物、生活習慣臼井の音楽ホールに隣接している臼井公民館で活動されている「子育て支援ネットワーク」の皆様からお招きいただき、安田 由香と私で「健康教室」を開催いたしました。「子育てのお悩み」や「丈夫な体を作るに
平成24年11月10日、佐倉市三師会(医師、歯科医師、薬剤師)と佐倉市市議会議員の勉強会がございました。表町薬局で行いました健康教室の報告と、佐倉市で取り組んでいます認知症を、医師、薬剤師、包括支援センター、社会福祉協議
50メートル走、何秒速くなるかな?佐倉市立根郷小学校の全校生徒603名を対象に体温測定を行った結果、平均体温は36.2度と低めでした。目標は36.7度です。
健康作りは歩くことから ― 佐倉を歩こうWHO(世界保健機構)による“Global Embrace(世界を包む)”運動の一端として、「活力ある高齢期」を過ごすため、10月1日を中心に、世界中の高齢者が全ての年齢の人たちと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加