漢方と食事療法で健康な体に体質を改善する千葉佐倉の漢方薬局

日本人の三大死因であるがん・心疾患・脳血管疾患、それらの要因ともなる糖尿病・高血圧症・高脂血症・動脈硬化症・肥満など、多くの方が何かしらの問題を抱える生活習慣病とその予備軍。健康診断などで高血糖や高血圧と指摘され、糖尿病や動脈硬化症の心配をしている方も多いのではないでしょうか。
糖尿病をはじめとした生活習慣病は、その名の通り、日々の生活習慣と密接な関係があり、生活習慣を見直すことで改善に向かいます。その中でも特に重要なものは食事です。
そのため、にこにこ薬局では食事療法(栄養療法)に重点を置いています。
日々の食生活を見直し、栄養バランスや食事の順序を改善することで、健康な体への体質改善を促します。

体質を改善する健康的な食事の順序

食事は栄養バランスもとても大切ですが、まずは簡単で毎日続けられる食事の順序から改善してみましょう。
糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防には、過剰に血糖値を上昇させないことが大切です。また、血糖値の上昇は肥満にもつながりますので、ダイエットにも関係します。
もちろん血糖値は低すぎてもいけませんが、現代の食事は高血糖になりがちです。
空腹時に炭水化物を過剰摂取して急激に血糖値を上げるのはいけません。また、頻繁な血糖値上昇は慢性肥満につながります。
まずは野菜や海藻などのビタミン・ミネラル類を多く摂ることで血糖値上昇を抑え、体脂肪合成を緩やかにし、次にタンパク質、最後に炭水化物を食べます。副菜(野菜)→主菜(おかず)→主食(ごはん・パン)の順序を繰り返しましょう

和食を食べる順序

  1. 野菜
    野菜(生野菜)や海藻などビタミン類・ミネラル類(副菜)
  2. おかず
    味噌汁・納豆・大豆など植物性たんぱく質
  3. おかず
    魚類・肉類などの動物性たんぱく質
  4. ごはん
    最後にブドウ糖(炭水化物)

洋食を食べる順序

  1. 野菜
    和食と同様、野菜(生野菜などビタミン、ミネラル類)・海藻
  2. おかず
    大豆・豆類などの植物性たんぱく質
  3. おかず
    魚類・貝類・肉類の動物性たんぱく質
  4. パン
    最後にブドウ糖(炭水化物)

動物性タンパク質は、人間より体温の高い牛・豚・鶏肉より、魚を中心としたタンパク質を摂取すると良いです。
特に鶏肉には、餌の中に含まれていた化学薬品などが多く入っているためです。
また、温かいものや旬のものを食べることも大切です。

からだを温める食べ物と冷やす食べ物

冬が旬の北の地方の名物とされる食べ物は体を温めます。逆に夏が旬の南の地方の名物は体を冷やします。
ところが今は冬でも夏のものが出回り、多くの人はそれを好みます。
昔の人は今に比べもっと体を動かすことが多かったので、筋肉も多く、熱を作る力も強かったのですが、今は体を動かさないので熱を作る力が弱いうえ、運動不足やストレスによる血行不良が平熱を下げます。
それなのに、夏でも冬でも冷やすものを多くとると、体はますます冷えて体温が下がるのは当然と言えるでしょう。
人は体の中で代謝という化学反応をして生きています。化学反応は一般的には温度が高いほど活発になりますので、体温が高いほど代謝が活発になると考えられます。
低体温は代謝を低くします。体を温めるものを意識して食べて平熱を上げることが必要ですが、体を温める食材でも、生のままや冷やして召し上がれば体は冷えますので、注意が必要です。
日本人の平均体温は36.89℃と言われてます。同じ人間でも民族によって異なり、欧米人は38℃近くあります。しかし42℃以上になると、体の中のいろいろなものが熱で壊れます。ですから、42℃に届かない37℃くらいが丁度いいと言われています。
平熱が36.5度より低い人は要注意です。平熱を上げて体を温める食べ物を積極的に摂り、平熱を下げて体を冷やす食べ物は少し控えるようにしましょう。

平熱を2.0℃上げる食べ物
唐辛子唐辛子
にんにくにんにく
しょうがしょうが
わさびわさび
香辛料香辛料
朝鮮人参朝鮮人参
平熱を1.5℃上げる食べ物
納豆納豆
めざしめざし
味噌味噌
牡蠣牡蠣
発酵食品
平熱を1.0℃上げる食べ物
しいたけしいたけ
栗
ねぎねぎ
牛肉牛肉
羊肉羊肉
熱燗熱燗
秋冬の野菜
平熱を0.5℃上げる食べ物
しじみしじみ
わかめわかめ
にんじんにんじん
りんごりんご
紅茶紅茶
北の果物
平熱が変わらない食べ物
さつまいもさつまいも
いちごいちご
とうもろこしとうもろこし
緑茶緑茶

平熱36.5℃より低い方は低体温です。食事に注意しましょう。

平熱を0.5℃下げる食べ物
豚肉豚肉
牛乳牛乳
スポーツドリンクスポーツドリンク
平熱を1.0℃下げる食べ物
なすなす
豆腐豆腐
きゅうりきゅうり
トマトトマト
夏野菜
平熱を1.5℃下げる食べ物
すだちすだち
みかんみかん
レモンレモン
すいかすいか
ジュースジュース
柑橘類
平熱を2.0℃下げる食べ物
コーヒーコーヒー
ほうれん草ほうれん草
レタスレタス
キャベツキャベツ
麦茶麦茶
ビールビール

体の季節にあった「旬」の食べ物を摂りましょう

からだ季節にあった「旬」の食材は、栄養価が高くて美味しく、大変お買い得です。
春夏秋冬の季節の食べ物から、日々の食生活を見直してみましょう。体の季節にあった「旬」のものを食べることが、病気になりにくい体を作り、健康を促進します。

1月の食べ物
紅白かまぼこ紅白かまぼこ
海老のうま煮海老のうま煮
数の子数の子
黒豆黒豆
昆布巻き昆布巻き
田作り田作り
れんこんれんこん
みかんみかん
新海苔新海苔
かぶかぶ
小松菜小松菜
三つ葉三つ葉
ぶりぶり
あんこうあんこう
ふぐふぐ

お正月のおせち料理にはそれぞれ意味があります。

紅白かまぼこ
お祝い事に使われました。赤は邪気を払い、白は清浄の意味です。
海老のうま煮
腰を曲げた海老は老人のイメージから、長寿の意味があります。
数の子
子孫繁栄を祈った縁起物です。
黒豆
その年がまめに健康で働けますように。
昆布巻き
“養老昆布”と書いて”よろこぶ”
田作り
昔、米作りに大切だったのは乾燥させたイワシだったことから、豊年豊作の願いを込めています。
2月の食べ物
菜の花菜の花
かぶかぶ
小松菜小松菜
三つ葉三つ葉
ほうれん草ほうれん草
れんこんれんこん
みかんみかん
白菜白菜
ふきのとうふきのとう
ふぐふぐ
サバサバ
カレイカレイ
ぶりぶり
あんこうあんこう
3月の食べ物
菜の花菜の花
よもぎよもぎ
小松菜小松菜
三つ葉三つ葉
からし菜からし菜
パセリパセリ
すだちすだち
レモンレモン
ふきのとうふきのとう
いちごいちご
鯛
あさりあさり
4月の食べ物
たけのこたけのこ
さやえんどうさやえんどう
ぜんまいぜんまい
三つ葉三つ葉
からし菜からし菜
パセリパセリ
アスパラガスアスパラガス
ブロッコリーブロッコリー
ふきのとうふきのとう
クロダイクロダイ
メバルメバル
マダイマダイ
あさりあさり
いちごいちご
キウイキウイ
5月の食べ物
たけのこたけのこ
さやえんどうさやえんどう
ぜんまいぜんまい
三つ葉三つ葉
わらびわらび
パセリパセリ
アスパラガスアスパラガス
そら豆そら豆
ふきのとうふきのとう
イカイカ
イシダイイシダイ
イサキイサキ
あさりあさり
いちごいちご
サザエサザエ
6月の食べ物
大根夏大根
さやえんどうさやえんどう
キャベツキャベツ
じゃがいも夏じゃがいも
きゅうりきゅうり
トマトトマト
なすなす
そら豆そら豆
ごぼうごぼう
グリンピースグリンピース
玉ねぎ新玉ねぎ
イサキイサキ
アジアジ
あさりあさり
さくらんぼさくらんぼ
7月の食べ物
とうもろこしとうもろこし
しそしそ
キャベツキャベツ
玉ねぎ玉ねぎ
きゅうりきゅうり
トマトトマト
なすなす
ピーマンピーマン
夏みかん夏みかん
かぼちゃかぼちゃ
すいかすいか
サザエサザエ
カツオカツオ
アジアジ
あさりあさり
8月の食べ物
豚肉豚肉
しそしそ
玉ねぎ玉ねぎ
きゅうりきゅうり
トマトトマト
なすなす
アジアジ
あさりあさり
カツオカツオ
とうもろこしとうもろこし
9月の食べ物
なしなし
ぎんなんぎんなん
玉ねぎ玉ねぎ
かぼちゃかぼちゃ
くるみくるみ
みょうがみょうが
はつか大根はつか大根
ぶどうぶどう
大根大根
くりくり
夏みかん夏みかん
キャベツキャベツ
10月の食べ物
れんこんれんこん
くりくり
みょうがみょうが
さつまいもさつまいも
白菜白菜
かぶかぶ
くわいくわい
マサバマサバ
大根大根
松茸松茸
初茸初茸
しめじしめじ
ゆずゆず
れんこんれんこん
あずきあずき
大豆大豆
11月の食べ物
ほうれん草ほうれん草
りんごりんご
れんこんれんこん
さつまいもさつまいも
白菜白菜
かぶかぶ
くわいくわい
柿
大根大根
みかんみかん
新海苔新海苔
ヒラメヒラメ
カワハギカワハギ
あんこうあんこう
アマダイアマダイ
12月の食べ物
ねぎねぎ
りんごりんご
れんこんれんこん
ごぼうごぼう
柿
みかんみかん
三つ葉三つ葉
こんにゃくこんにゃく
ヒラメヒラメ
あんこうあんこう
アマダイアマダイ

ご来局いただければ、まずは日々の生活習慣や食事の観点から、患者さまとしっかりと話し合いながら原因を探り、症状の克服に努めます。

にこにこ薬局の食事療法とは

  • 生活習慣病は食事の栄養バランスや順序を見直すことで予防・改善ができます。
  • まずは簡単に始められる「食事の順序」を改善しましょう。
  • 低体温は代謝を低くします。日本人の体温は欧米人に比べて低いのです。体を温める食べ物を積極的に摂って平熱37℃を目指しましょう。
  • 体の季節にあった「旬の食べ物」は栄養価が高く、病気になりにくい健康な体を作ります。
ご相談は無料です
当サイト掲載のご相談事例はごく一部です。お薬のこと、ご病気のこと、どんな些細なことでもご相談ください。
薬局内に相談室を設けております。処方箋をお持ちいただいた際にもお気軽にお声がけください。
ご予約制となります。事前にお電話でご予約下さい。
にこにこ薬局本店
〒285-0837千葉県佐倉市王子台3-2-9本町ビル1F
フリーダイヤル0120-554-926
お電話受付
月~金(9時~18時)土(9時~17時)
にこにこ薬局本店をフォローする
にこにこ薬局本店
タイトルとURLをコピーしました